アパートで窓を開けたまま寝ていると小学生達に笑われた

アパートで窓を開けたまま寝ていると小学生達に笑われた

初めてのアパート暮らしの生活

大学に進学した時に初めてアパートで一人暮らしをしました。実家を離れて一人で生活することにワクワクした気持ちや、いろんな期待をしていました。今まで料理を作ったり家事をしたりすることがなかったのですが、一人での生活では全て自分で行う必要があります。しかし、その全てが新鮮で楽しい気持ちで新生活をスタートしました。同じアパートの住人には、大家さん家族や二世帯の家族、一人暮らしの男性などがいました。大家さんはたまに手料理の差し入れをしてくれたのでうれしかったです。

初めのうちは楽しく生活をしていましたが、徐々に家事の手間を感じてきました。自炊をしていたのも初めだけで、コンビニやスーパーなどで惣菜や弁当を買う生活になっていきました。洗濯もまとめて洗い、掃除はほとんどしない状況でした。家事をすることの大変さを知り、実家で親がしていてくれたことに感謝をしました。一人暮らしでは時間に縛られることなく、自由に生活ができる点はとても魅力でした。大学の友達を招いて遊んだりもして、学生生活を楽しみました。学業があったので、ある程度規則正しい生活も必要であり、自己管理の大切さを実感しました。部屋の中は掃除や整理整頓をしていなくて、とても汚い状態だったのが反省点でした。

Copyright 2019 アパートで窓を開けたまま寝ていると小学生達に笑われた All Rights Reserved.