アパートで窓を開けたまま寝ていると小学生達に笑われた

アパートで窓を開けたまま寝ていると小学生達に笑われた

アパート経営のメリット・デメリット

アパート経営は、資産運用の中でも、中長期の利益を見込む投資対象です。賃貸経営により、安定した収入を得られるようになる他、様々なメリットがありますが、もちろんリスク等のデメリットもありますので、それらを十分把握して検討を進めていくことが大切になってきます。メリットとしては、毎月の安定した収入の他に、節税対策にもなります。固定資産税は、地方自治体によって多少違いがありますが、遊休地・駐車場といった非住宅用地の6分の1から3分の1程度になります。相続税については、遊休地にアパートを建てると土地の評価額が20%軽減します。建物自体にかかる分については建築したアパートの評価も建築価格より50%軽減されます。さらにこれを賃貸アパートにすることで評価額は30%軽減されるようになります。

その一方、リスクとしては、空室や家賃の滞納といった、入居者との間で発生するトラブルのリスクでしょう。アパートを経営する人を悩ませる、最も多いものです。またアパートに限りませんが、換金性の低い不動産は、株や外貨のような投資と違って、すぐに現金化することができません。そのため急にお金が必要になっても、すぐに売却先が決まるとは限らないということがあります。

Copyright 2019 アパートで窓を開けたまま寝ていると小学生達に笑われた All Rights Reserved.